人気ブログランキング |

朱川湊人『わくらば日記』 貴志祐介『十三番目の人格(メルソナ)―ISOLA―』

2019/11/5(火)

2回生ゼミ、14時半から校務。

読んでいた小説。

貴志祐介『十三番目の人格(メルソナ)―ISOLA―』角川ホラー文庫、1996年。

https://ara-suji.com/novel/2661/

<時は世紀末..阪神大震災の混乱の中を由香里は歩いていました。由香里は震災で心のケアが必要な人達に積極的に寄り添い、トラウマを和らげるための手伝いをしていたのです。その最中に解離性同一性障害を患う千尋と出会います。千尋の中に宿る異端な人格「イソラ」の存在に由香里は恐怖を覚えます。このお話は「イソラ」を巡って奔走する人間たちを描いた作品です。>

朱川湊人『わくらば日記』角川文庫、2009年。

<人や場所の過去を「見る」ことができる不思議な力を持ち、事件などの解決に協力しながらも夭折した姉・鈴音と過ごした日々が、数十年後の妹の和歌子の視点で語られる。

タイトルの「わくらば」には、草木の若葉を意味する「嫩葉」と、病気になった葉を意味する「病葉」の2つの意味があり、溌剌とした少女・和歌子と病弱な姉・鈴音を暗示している。>


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239747152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-11-05 22:57 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob