人気ブログランキング |

厚労省老健局23名送別宴会コロナルール無視事件

2021/3/30(火)

ワイドショーで叩きやすい役人ネタ登場。菅義偉さん、二階俊博さんのステーキ会食は相手が強すぎてテレビ局は敬遠気味だったが、こっちは、厚生労働省老健局の老人保健課長とその課員たちという1部署の話なので、叩きやすいのだろうな。

<前川喜平さんのツイッター参照>https://twitter.com/brahmslover/status/1376873300312215554

 

調査報道が、東洋経済の記者・田島靖久さんによるというのが興味深い。田島さんはダイヤモンド社時代にも接待取材をしている。一番、知りたいのは、どうして老健局の送別会が3/24に、銀座の居酒屋(といっても椅子とテーブルなので、一般的な居酒屋イメージではない。78品のコース料理だったというし)であることを知ったかは興味深いが秘密なんだろう。https://toyokeizai.net/articles/-/419884

 

老人保健課長の氏名はまだ公表されていないが、医系技官だというのはほぼ確かそうだ。医者免許を持っている人が、いま政府内閣厚労省が国民に呼びかけているマスク会食や多人数の会食自粛などの真逆の送別会を行うってすごいことだ。

 

年度内に処分を田村厚労相がした。影響を少なくするためだろう。懲戒処分(老人保健課長を、減給10分の11か月の処分)を課長に与えて、あとは、訓告や注意に。

23名中、3人は地方自治体からの出向ということも分かった。たぶん、研修生だろうから、年度末で地元に戻る。3名以外にも人事異動の人たちもいただろうが(ノンキャリアである確率が高い)、やはり、お国でのご奉公へのねぎらいという面が大きかったのだろう。

 

厚労省 職員送別会問題で処分発表 主催の課長は事実上の更迭

2021331 014

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210330/k10012945991000.html

<厚生労働省の職員23人が、都内の飲食店で深夜まで送別会を開いていた問題で、厚生労働省は、会合を主催した老健局の老人保健課長を減給1か月としたうえで大臣官房付に異動させる処分を発表し、事実上、更迭しました。田村厚生労働大臣は管理責任をとって大臣給与2か月分を自主返納するとしています。
 
 厚生労働省で介護保険などを担当している老健局の職員23人は、今月24日、都内の飲食店で開かれた送別会に参加し一部の職員は、深夜0時近くまで店に残っていました。
 職員らは、午後11時まで営業している店を探して予約していたということです。
 この問題で、厚生労働省は、30日夜、処分を発表し、会合を主催した老健局の老人保健課長を、減給10分の11か月の処分としたうえで、30日付けで大臣官房付に異動させ、事実上、更迭しました。
 また、課長補佐級を含む職員14人を訓告、5人を文書による注意・指導の処分としました。
 一方、残りの3人は、地方自治体からの研修生のため、処分は見送りました。
 また、管理責任をとって田村厚生労働大臣が、大臣給与2か月分を自主返納し、樽見事務次官を文書による厳重注意、土生老健局長を訓告の処分としました。>

 

9時半から、山科で会合。

帰り、山科青少年活動センターに、めくるめく紙芝居の主要メンバーがいたので、もらっていたお菓子をおすそ分けする。職員さんと子ども食堂の話からコモン化とアソシエーションの話をした。


タグ:
トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/240906317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2021-03-30 22:30 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー