人気ブログランキング |

『映像の世紀プレミアム 東京 破壊と創造の150年』 地元で政治家に出会う日(倉林明子さん、山井和則さん)

2021/4/3(土)

たまたま、再放送のようだが、BSNHKで『映像の世紀プレミアム 東京 破壊と創造の150年』というのをやっていた。

最初が、まだ、女性の喪服が白だった時代の葬列があって、皇室から黒の喪服(明治30年)が西洋化として始まるというナレーション。

もう一つ、霊柩車(ただ黒の車)のお葬式もあって、渋沢栄一さんのもの。

 

226事件は、昭和維新の挫折だった。

明治維新は成功し昭和維新は失敗。

大阪維新は11年も続いている。20104月。平成22年。平成維新なのだが、まだ続いているので、一部地方のみ成功したといえるのか。

 

「万歳ヒットラー・ユーゲント」作詞:北原白秋、初めて歌を実際に聞いた。万歳ナチスが耳に残る。北原白秋さんが、軍歌などを量産していたという本は読んだ記憶あり。

 

(参考)

「万歳ナチス」と本気で作詞? 名作詞・作曲家たちの知られざる逸話 あのオカルトソングから東大応援歌まで 現代ビジネス 2017.5.24 辻田 真佐憲 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51751?page=4

<来日するヒトラー・ユーゲントを歓迎するため、大日本連合青年団の依頼で1938年に作詞した「万歳・ヒットラー・ユーゲント」がその典型です。

すごいタイトルの歌ですが、内容もそれに負けず劣らず激越です。ちなみに、こちらは山田ではなく、日本放送協会洋楽部の高階哲夫によって曲付けされました。

燦たり、輝く

ハーケン クロイツ

ようこそ遥々、西なる盟友、

いざ今見えん、朝日に迎へて、

我等ぞ東亜の青年日本。

  万歳、ヒットラー・ユーゲント

  万歳、ナチス。

 

なんというナチス讃歌。白秋先生、大丈夫ですか、と心配になってしまいますが、本人は「日出づるところの天子、日没するところの天子に書を致す」の精神で書いたと自負しています。

つまり、ドイツに媚びず、対等の立場で、日本の存在もアピールしたというのです。>

 

 

<映像の世紀プレミアム(19)「東京 破壊と創造の150年」 https://www4.nhk.or.jp/P6895/x/2021-03-28/44/2772/2866635/

<関東大震災と東京大空襲という二度の壊滅を、渋沢栄一をはじめ無数の人々の情熱で乗り越え、不死鳥のようによみがえってきた東京。破壊と創造の150年を発掘映像で描く。

 燃え広がる街の中で「関東大震災」を映した貴重なフィルム、「東京大空襲」を生き延びた人々の安堵の表情を映した進駐軍の高画質フィルム。新たに見つかった映像には二度の壊滅から立ち上がろうとする人々の表情が生々しく記録されていた。「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一をはじめ有名無名の人々の情熱によって破壊を乗り越え、不死鳥のように生まれ変わってきた巨大都市・東京の、破壊と創造の150年を発掘映像で描く。【語り】山田孝之,山根基世>

https://twitter.com/NausicaaX/status/1378285030774951940

226事件の生々しい映像。青年将校ら17名処刑後、東條英機ら軍部が力を持つに至る。その後ヒットラーユーゲント来日、日中戦争、銀座からモダンガールが消え、戦死兵の子どもたちは靖国神社で作文を読む。紀元2600年には神宮外苑で記念式典が行われた。>

 

無職3日目。

政治家に会いに行くという隠居的活動が面白い。

 

キリン堂に、2万円チャージ。プリペイドカードを初めて使うことになった。マイナポイントをやってみることで。でも、商品券というのが、公明党主導でずいぶん前からいつも出ていた。景気対策と地域中小企業振興のためなのだが、減税のほうがずっと経済政策としては、真っ当だろうなといつも思っていた。

 

GoTo施策も、自公維政権は新自由主義で、市場万能主義なのに、どうして、こういう介入をするのか、仲介業者の利権を広げるためだけなのだろうが、どうも、気になる。消費税一年停止と、法人税の累進税化、所得税の累進税化の回復と1億円以上所得層への福祉寄付税制促進などで公共心をくすぐるなかでの金融課税を30%にする。

 

そのあと、近くのスーパーで、赤旗1年間分を市議に渡し、そのあと、日本共産党衆議院議員の倉林明子さんのスピーチを聞く。彼女は、精華町の選挙のこともあって、1日のスケデュールも分刻みだ。

 

ぼんやり読書していたら、立憲民主党の宣伝カーから「やまのい和則と語る会」のお知らせがあったので、14時すぎに、八幡市文化センター第3会議室に行く。参議院の福山哲郎さんも途中まで出席していた。

 

https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/shugiin/2017/#!skh_2606

京都府第6区は、前回は、山井和則さんが、希望の党から出て、共産党からの候補が出て、自民党の安藤裕さんが、小選挙区を獲得した。今回は、共産党は出ないようなので、安藤裕さんと山井和則さんとの一騎打ちになるな。

 

安藤裕さんの演説会にも是非顔を出して、反緊縮論をどうして自公維政権に広げるのか、それができなかったら、野党とも連携するのか?という質問をしてみたい。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/240912608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2021-04-03 22:00 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー