人気ブログランキング |

ラホス・コルタイ『いつか眠りにつく前に』 結集ひろしまの宮口はるこ候補のツイッターやフェイスブックをチェックすることが多くなった。

2021/4/18(日)

今日も、地方政治の選挙が多いみたいだ。

25日には、2つの補選と1つの再選挙がある。

特に、参議院広島県選挙区の再選挙は、二人の候補が横一線ということ。

結集ひろしまの宮口はるこ候補のツイッターやフェイスブックをチェックすることが多くなった。

自民党が強い広島で、結集ひろしまの宮口はるこ候補は、とても善戦しているということだが、結局組織票でやられてしまうということだけは、なんとかないようになればいいなあと思っている。

https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=745974&comment_sub_id=0&category_id=1301


前に録画していた映画を観た。ラホス・コルタイ『いつか眠りにつく前に』

死を目前とした老女アン・ロード(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)の回顧シーンと現在という作品。二人の娘も対照的。でも、母アンについての理解は次女の方が少しはある。アーティスト的な気質からか。

 

そういえば、二人の娘が小さいとき、長女はバービー人形で遊んでいた。そこでの母は、炊事を放っておいて、綺麗な歌を歌って、娘たちは幸せになる。

観る前は、かなり辛いかもと思って、後々にしていたが、まず、音楽が美しく、別荘の景色もいい感じなので、少し安心して観終わった。

 

ヴァネッサ・レッドグレイヴ。19371月生まれ。『トロイアの女』(マイケル・カコヤニス監督、1971年)を観た時、大学生のときだと思うが、そのときの女優さんたちがみんなかっこいいなと思った時から、彼女の名前が出る映画はとても気になっていた。

 

ラホス・コルタイ『いつか眠りにつく前に』(Evening2007年、117分。

2007年製作のアメリカ・ドイツ合作映画。スーザン・マイノットの小説原作。人生の終わりに直面した老女の若き日の恋愛の回想と、彼女を看病しながら自らの人生を見つめなおす2人の娘たちの姿を描いたドラマ。

 メリル・ストリープと実娘であるメイミー・ガマーがそれぞれライラの若き日と現在役を演じ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ演じるアンの長女役をヴァネッサの実娘であるナターシャ・リチャードソンが演じている。この映画での共演をきっかけに交際を始めたクレア・デインズとヒュー・ダンシーは、2009年に婚約を発表した。>

 

http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=38797

<アン・ロード(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)は、長女コンスタンス(ナターシャ・リチャードソン)、次女ニナ(トニ・コレット)に見守られ、死の床にいた。混濁する意識の中でアンは「ハリスと私がバディを殺した」と口走る。40数年前、旧姓アン・グラント(クレア・デインズ)はニューヨークで歌手を目指していた。ある夏の日、親友ライラ・ウィッテンボーンの結婚式でブライズメイドを務めるため、ニューポートにあるウィッテンボーン家の別荘へ行く。ライラの弟バディ(ヒュー・ダンシー)の案内で散策していて、ウィッテンボーン家のメイドの息子で医者のハリス・アーデン(パトリック・ウィルソン)と出会う。

 

<ハリスはライラの初恋の相手だった。結婚式のリハーサル・ディナーのあと、泥酔したバディを介抱したハリスとアンは、そのまま口づけを交わす。そしてライラの結婚式のあと、自分の夢についてハリスと語り合ったアンは、親密な絆を感じた。キスを交わすアンとハリスを、アンに思いを寄せるバディが見つめていた。バディはアンと2人きりになり告白するが、アンに断られ、自棄になり海に飛び込む。そんな彼をアンは厳しく叱責する。その夜アンとハリスは、森の中の隠れ家で一夜を共にする。2人を追ってきたバディは、交通事故で命を落とす。

 

<翌朝、バディの死を知ったアンは強い罪悪感にかられ、ハリスとの幸せを諦める。アンは2度の結婚・離婚を経て2人の娘を生んだが、歌手として成功もできず、妻や母親としても中途半端な人生を送った。ニナは恋人ルークとの関係にみ、さらに予定外の妊娠をルークに話せずにいた。意識が戻ったアンに、ニナは妊娠のことを打ち明ける。アンは、子供はすばらしい存在だと語る。しばらくしてライラ(メリル・ストリープ)が見舞いに来る。アンは、人生が望み通りにならなかったことの寂しさと後悔を口にする。しかしライラの「私たちは、それぞれすべきことをした」という言葉を聞き、アンは初めて満ち足りた思いがするのだった。>


タグ:
トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/240935205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2021-04-18 22:00 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー